薬石花房 幸福薬局
トップページ > 漢方薬局体験
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
漢方薬局へ行ってみよう

私は30歳のOL。とくに夏場は冷房ガンガンのオフィスで、冷え症に悩まされています。
今回、知り合いのすすめで実際に漢方薬を飲んでみようと思い、漢方薬局に挑戦してみました。はじめに電話で予約をし、いよいよ土曜の午後3時に伺います。気になるお値段についても、ホームページに明記してあるので安心。

カウンセリング
予約の時間に薬石花房に到着。まずは椅子に座り最初に問診票に記入。そして、リラックスできる雰囲気の中、冷え症の悩みを思いつくまま話してみました。先生からも、どこがどう冷えるか、腰は冷えるか、下腹はどうか、など細かく聞かれます。お通じのことや睡眠のこと、むくみのことなど冷え症と関係なさそうなことまで詳しく聞かれました。わたしの体質を把握するために、そういうことも知っておく必要があるのだそうです。いろんな話をしていくうちに、カウンセリングの30分があっという間に過ぎました。 image image  ■落ち着いた雰囲気のカウンセリング室
処方の決定
カウンセリングでの情報をもとに、わたしの体質や冷え症の根本原因を判断し、中医学に基づいて処方を決めていきます。おなじ冷え症の女性でも、一人ひとりの体質や病状により、処方が違うとか。

いわば、わたしのオリジナル処方ということですね。
image
■わたしの体質や病状の記載されたカルテです
漢方薬の調合
処方に基づいて、漢方薬が調合されます。
今回の場合、12種類もの生薬を混ぜて作ったそうです。原料はすべて天然の生薬。調剤室には草木のいい香りが満ちて、なんだかここにいるだけで病気が良くなりそう。
image
■調剤室にはさまざまな生薬がびっしり!
image
■体質や病状によって分量も違ってくるとか
漢方薬のお渡し
漢方薬の処方は一人ひとり違うので、カウンセリング直後に薬をもらって帰るわけにはいかないそうです。薬石花房では薬の出来上がりまで、数日かかるとのこと。

出来上がった漢方薬は、生薬が一日分ずつ袋に小分けされています。これを、やかんや鍋でぐつぐつ煮出して飲むそうです。

また、煎じる時間がない人や持ち歩きたい人のために、煎じた液体のパックもあるとのことなので、私もこちらにしようかな。

image
■わたし用のオーダーメイド漢方薬です
image
■生薬はこんな感じで渡してもらえます image
■煎じパックなら開けて飲むだけ
次回の注文
漢方薬はずっと飲み続けるものかと思っていましたが、そうとも限らないそうです。体質や病状が改善されれば、それで薬はおしまい。その時点では、つらい冷え症の症状もなくなっているとのこと。
それまでは、わたしもがんばって続けてみようと思います。今回いただいた薬がなくなりそうになったら、また連絡すればいいそうです。


漢方薬局というと精力剤が並んでいたりして、ちょっと入りにくい印象でしたが、幸福薬局は清潔で明るく、女性でもとても入りやすい雰囲気でした。先生も優しくにこやかで、リラックスして話ができました。カウンセリングが終わると、今度はわたしの冷え症の原因を分かりやすく説明してくれて、なるほど納得。

あれから2週間、薬はちょっと苦いけど、なんだかからだの芯から暖まってきていると実感しています。体質そのものを根本から改善して病気にならない体を作る漢方、試してみてよかったと思いました。

All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.