薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 口臭
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
「口臭」を漢方で解き明かす
口臭の原因として一番多いのは歯周病や虫歯など歯の病気によるものだといわれています。しかし歯の治療をしても、あるいはもともと歯周病などの病気がなくても口臭がして悩む人は少なくありません。

歯の病気以外に多いのは、まず胃腸など消化器系の不調だと思います。漢方薬で胃腸の調子をととのえることで口臭が消えていくことがよくあります。胃腸の調子がよくなくて唾液が少なく、口の中がネバネバして口臭が気になる、という場合も、胃腸機能を漢方で改善することにより、口臭が緩和されていきます。

肝臓の機能を漢方薬で強化して口臭が解消される場合もあります。食べたものが消化吸収されたあと肝臓で解毒されるプロセスが強化されるからだと思われます。

呼吸器系とも関係しています。ニンニクやアルコールの臭いなど、口腔内や胃腸のトラブルとも関係していますが、飲食物がいったん吸収されたあと、肺から息とともに出てきて口臭となっています。また鼻炎など耳鼻咽喉科系の病気が原因の口臭もあります。

ストレスや緊張が原因で臭いに対して敏感になりすぎている場合もあります。そのような場合は漢方薬でストレスや緊張をゆるめて、過敏になりすぎた嗅覚を正常に戻していきます。

漢方では、においは、過剰な熱が体内に滞っているときにも出やすい、と考えます。体にこもった余分な熱が、においを発生させている場合があるのです。体臭や汗の臭いとも関係しています。先ほど述べた、唾液がネバネバして口臭が気になる、という人の体質にも、過剰な熱の存在がある場合があります。

当薬局では、漢方薬で以上のような内臓の不調を改善し、口臭を消していきます。余分な熱が体内にこもっているような体質の場合も、漢方薬で体質改善をし、そのような熱を冷ますことにより、口臭を解消します。からだの内側からじっくり根本的に口臭を改善したい、とお考えの方に、漢方薬は適しています。

よく使われる漢方薬
 
1:胃腸の機能を改善して口臭を解消していく場合は、人参、大棗などの生薬配合の処方を用います。同時に食生活の見直しもすると、効果的です。

2:肝臓の解毒作用を高めたい場合は、芍薬、牡丹皮などの生薬配合の漢方処方を使います。タバコを吸っている場合は、これを機会に禁煙しましょう。

3:呼吸器系や耳鼻咽喉科系の病気や不調が原因の場合は、黄耆、麦門冬などの生薬を用いた漢方処方が適しています。十分な睡眠・休養も心がけてください。

4:過剰な熱の存在が口臭の原因となっている場合は、連翹、黄柏など、熱を冷ます効果のある生薬配合の漢方薬で体質改善するのがいいでしょう。

5:ストレスの影響が大きい場合は、柴胡、芍薬など、ストレス抵抗性を高める生薬を使った漢方処方で、ストレスに強い体質を作っていきます。

参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.