薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 小顔
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
「小顔」を漢方で解き明かす
美容や健康維持のため、あるいは他の病気の治療目的で漢方薬を飲んでいるうちに「フェイスラインがすっきりしてきた」「顔が小さくなった」「首がすっきりしてきた」という方がいらっしゃいます。その秘密は、漢方薬による脂肪・むくみ・筋肉の引き締め効果にあります。

顔の表面は、表皮・真皮といった皮膚でおおわれており、その下に、皮下組織としての脂肪層や筋肉があり、その下に頭蓋骨があります。顔を小さく、フェイスラインをすっきりさせるには、このどれかをスリムにする必要があります。これらのうち小顔対策に重要なのは、真皮・脂肪層・筋肉です。

漢方薬は、水分代謝機能を改善して真皮内の過剰な水分つまり「むくみ」を改善したり、あるいは基礎代謝を高めるなどして余分な脂肪を減らしたりすることができますので、これらの作用により、フェイスラインがすっきりしていくものと考えられます。「たるみ」対策と同じように筋肉を引き締めることにより小顔効果が現れる場合もあります。漢方薬は体質を改善して余分な水分や脂肪を減らしていきますので、効果が出るまで、ある程度、時間がかかります。

逆に、とにかくすぐに小顔になりたい、という方は、漢方より、美容整形や美容外科で治療するのがいいでしょう。やせたい部分に薬剤を注入して脂肪を減らしたり筋肉を弛緩させたり、脂肪吸引で脂肪を除去したり、手術で骨を切り取ったりという方法があるようです。いずれも即効性があります。

漢方薬は、体質を改善して余分な脂肪やむくみを取り除いていく薬です。骨を削り取ったり脂肪を機械的に吸引したりするのと同等の結果を出すのは無理です。しかし、自然なかたちでスッキリしたフェイスラインを維持したい、ということで、トリートメントやエステと併用している方もいらっしゃいます。からだの内側からじっくり根本的に美しくなりたいとお考えの方に適しています。



よく使われる漢方薬
 
1:むくみが気になる場合は、茯苓、白朮など、リンパの流れを良くする生薬などを配合した漢方薬がいいでしょう。

2:皮下脂肪を減らしたい場合は、人参、桂皮など、基礎代謝を高める生薬配合の漢方薬が使われます。

3:たるみなど、肌質の衰えが心配な方は、黄耆、甘草など、皮膚組織の機能を高める生薬を用いた漢方処方が適しています。

参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.