薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 目のクマ
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
「目のクマ」を漢方で解き明かす
疲れがたまった睡眠不足の朝に、鏡を見れば目の下にクマがクッキリできていた、というのは、だれでも経験のあることでしょう。しかし、そのクマが、ちょっとした疲れやストレスですぐ濃くなったり、あるいは、いつも目の下に滞在していたりすると、気になるものです。

目の下にクマがあると不健康そうに見えます。そして実際に、クマができているときは、体調が万全でないときです。

目のクマには3つの種類があります。1つ目は、紫色のクマです。目のまわりの皮膚は、まばたきのたびに素早く動くため、薄くできています。そのうえ毛細血管が多いため、血液の色が透けて見えます。したがって血行がわるくて血液が紫色になったとき、紫色のクマができるのです。冷えやストレス、喫煙などで血行がわるくなると皮下の毛細血管を流れる血液の紫色が透けて見え、紫色のクマになるわけです。朝や生理中など体温が低いときや、疲れて血行がわるくなっているときに目立つクマです。

2つ目は、茶色いクマです。薄くデリケートな目の下のまぶたは、摩擦や日光・化粧品の刺激で容易に炎症を起こします。その結果、メラニン色素が増えて茶色いクマとなります。まぶたをこすりすぎたり、目のまわりのメイク落としをゴシゴシやったり、あるいは化粧品の品質に問題があったりするとできやすいクマです。

3つ目は、年齢とともに生じる下まぶたの「たるみ」によってできる、黒っぽいクマです。たるみは、年齢とともに生じる皮膚の現象。真皮のコラーゲンが減少・劣化することにより皮膚がたるみ、まぶたに影ができて黒っぽいクマとなります。

漢方薬は、ひとりひとりの目のクマの根本原因にあわせて、それらを改善していくことにより、クマを消していきます。化粧で隠すのとは別のアプローチで、からだの内側から改善していく薬です。体調が良くなるとクマが消えることが多いので、別の病気の治療で漢方薬を服用しているうちに、「最近、目のクマが薄くなってきて、うれしい」と喜ぶかたもいらっしゃいます。

漢方薬は、体質を改善して目のクマを薄くしていくものです。トリートメント、エステなどと併用している方もいらっしゃいます。からだの内側からじっくり根本的にクマを薄くしたいとお考えの方に適しています。
よく使われる漢方薬
 
1:紫色のクマには、血行を促進する生薬配合の漢方処方を使います。ただし血行不良の原因が、冷えか、ストレスか、循環機能の低下か、などにより、使う生薬が異なります。一般には、芍薬、牡丹皮などが使われます。

2:茶色いクマには、メラニン色素の排泄を促進する生薬を用います。この場合も、色素の排泄が停滞している根本原因により、使う生薬が違ってきます。よく使われるのは、黄耆、茯苓などです。

3:黒いクマには、「たるみ」を軽減するような、皮膚を引き締める漢方薬がいいでしょう。麦門冬や当帰などの生薬があります。


参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.