薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > ペットの病気
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
 ペットの病気
ペットの病気にも漢方薬は有効

ここ数年、犬や猫の病気の相談で漢方薬局にいらっしゃるかたが増えています。家庭へのペットの普及や、ペットの高齢化や生活環境の変化、またペットが感じるストレスの増加なども関係しているようです。

病気の種類は多種多様で、食生活をはじめとする生活習慣や環境の変化に伴い、動物のあいだでも糖尿病や、がん、皮膚病などの慢性的な現代病や、高齢化に伴う病気が増加しています。もちろん胃腸の不調をはじめとする従来の病気に悩むケースも多く見られます。

根本的な体質改善・体質強化には漢方薬

犬や猫も人間と同じ、動物です。病気に関しても、人間の病気と大きな差はありません。慢性的な体調不良や病気の根本には、やはり免疫力の低下や、抵抗力の衰退、血行の悪化、諸機能の衰えなど、体質的な要因が大きく関与しています。

症状がつらい場合は対症療法剤で症状を抑える必要もありますが、病気を繰り返したり、体調不良が慢性化したりしている場合は、根本的に体質を改善し、体質強化を図ることが重要となります。

漢方薬は、体質改善の薬です。免疫力を高めたり、血行を改善したり、あるいはペットの内臓機能を修復したりすることにより、少しずつペットを元気な状態に近づけていくことができます。

ペットによく用いられる漢方薬

漢方薬は、動物がかかっている病名ではなく、動物一匹一匹の体質や病状に対して処方されます。したがって、同じ外耳炎なら外耳炎という病気に対しても、最適な処方は一匹一匹に対して異なってきます。

これは一般の西洋薬との大きな違いです。なぜならば漢方薬は、症状を抑える対症療法剤ではなく、体質を改善・強化する薬だからです。

参考までに、犬や猫によく用いられる漢方薬を列記します。下記以外の慢性的な病気に対しても、漢方薬の有効例は多々あります。


主な症状など 漢方薬
下痢や便秘 胃風湯、乙字湯、桂枝人参湯、など
嘔吐 胃苓湯、甘草瀉心湯、香砂養胃湯、など
皮膚の炎症やかゆみ、脱毛 温清飲、甲字湯、治頭瘡一方、など
がん 茵陳五苓散、桂枝加黄蓍湯、牛膝散、など
食欲不振や元気がない 黄耆建中湯、カッ香生気散、厚朴生姜半夏人参甘草湯、など
興奮しやすい、光や音に過敏 黄連解毒湯、甘麦大棗湯、桂枝加竜骨牡蠣湯、など
鼻炎などのアレルギー 黄ゴン湯、葛根黄連黄ゴン湯、紫胡清肝湯、など
毛並みの悪化 葛根紅花湯、滋陰至宝湯、四物湯、など
むくみや腹水 牛車腎気丸、五苓散、防已茯苓湯、など
痩せてきたり太ってきたりした 化食養脾湯、帰耆建中湯、生姜瀉心湯、など
膀胱炎、肺炎、外耳炎などの炎症や感染症、フィラリアの予防 黄連阿膠湯、荊防敗毒湯、五物解毒湯、など
心臓・循環器の病気 甲字湯、当帰散、補気建中湯、など

(複数の症状が当てはまる場合は、漢方薬もまた別のものになります)

あなたのペットに合った漢方薬ですと、飲ませ続けるうちに体質が改善され、次第に免疫力や抵抗力がつき、体調が改善されて元気な姿に戻っていきます。ペットの体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたのペットに合った漢方薬がどれかは、あなたのペットの体質により異なります。その子にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分のペットの体質にあった漢方薬を選ぶようにするのがいいでしょう。大切なペットの慢性的な病気や体調不良に漢方薬をお役立てください。
参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.