薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 鼻炎
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
急性鼻炎・慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎

漢方薬で鼻炎の改善をする
鼻炎は鼻粘膜の炎症のことで、急性鼻炎・慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎などがあります。

急性鼻炎は、ウイルスや細菌の感染、あるいは物理的・化学的な刺激により発症する鼻炎で、いわゆるはなかぜも含まれます。おもな症状は、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・のどの痛みなどです。発熱や頭痛・食欲不振・腹痛・下痢などの症状を伴うこともあります。

慢性鼻炎には、鼻粘膜が増大する肥厚性の鼻炎と、逆に鼻粘膜が減少する萎縮型の鼻炎とがあります。急性鼻炎の慢性化や、アデノイド・副鼻腔炎からの波及、その他鼻汁排泄障害などにより、慢性鼻炎となります。おもな症状は、鼻づまりと粘膿性の鼻みずで、頭痛や嗅覚障害を伴う場合もあります。萎縮性鼻炎は女性に多く、しばしば異臭を放ちます。

アレルギー性鼻炎は鼻アレルギーともよばれるアレルギー性の疾患です。通年性と季節性の鼻アレルギーがあり、通年性ではハウスダスト、ダニなどが、そして季節性では春のスギやヒノキなどの樹木、夏のカモガヤなどのイネ科、秋のブタクサやヨモギなどの雑草の花粉が抗原となります。いずれもくしゃみ、水のような鼻みず、鼻づまり、そして眼のかゆみなどがおもな症状として現れます。

西洋医学では、急性鼻炎に対しては、そのおもな原因であるウイルスに作用する薬剤がなく、咳止め・解熱剤・抗ヒスタミン剤などによる対症療法が主体となります。慢性鼻炎に対しては、抗生物質やステロイド剤の投与、鼻内の洗浄や排膿、手術などが一般的です。アレルギー性鼻炎に対しては、くしゃみや鼻みずなどの症状を抑えるための抗ヒスタミン剤の投与が一般的です。多くの場合、症状を抑えるには有効ですが、鼻炎そのものの改善をしているわけではありませんので、薬を飲み忘れたりすると、すぐ症状が再発します。

一方、中医学(漢方)では、漢方薬を用いてアレルギー体質そのものを改善したり、免疫力を向上させたりすることにより、鼻炎の改善を行います。漢方薬を飲み続けるうちに体質が改善され、その結果症状が緩和されますので、とくに慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎には効果的です。このように漢方薬には鼻炎を根本的に改善する作用がありますが、急激な鼻炎症状を抑える力は西洋医薬に及ばない場合もありますので、体質を漢方薬で改善しつつ、症状がひどいときには抗ヒスタミン剤などで症状を抑える、という方法が現代社会では好ましい方法のひとつでしょう。

漢方薬を飲むにあたって
鼻炎に用いられる漢方薬は、鼻炎の状態や特徴、それにひとりひとりの体質によって大きく違ってきます。漢方薬で内臓の働きを正常化させて体調を整えればいいのか、血行や水分代謝を改善すればよいのかなどにより、用いる処方が違ってくるのは当然です。鼻炎にはこの漢方がいい、などというものはありません。漢方薬を飲む際は、中医師など漢方の専門家のカウンセリングを受けて、自分に最適な漢方処方を選んでください。

参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.