薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 爪のトラブル
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
爪のおしゃれは昔から女性の楽しみのひとつでしょうか。お出かけ前に爪の形を整え、マニキュアを塗ってしばし眺める。最近では街角にネイルサロンも増え、夕方のアフターファイブは大盛況。爪のおしゃれへの関心は高いようです。

人と会って食事をしたり、仕事の挨拶で名刺を交換したりと、爪が人前で注目される機会は毎日のように訪れてきます。そのとき爪が不潔に伸びていたり、汚れていたりすると印象がよくありませんね。

爪は皮膚が変形して硬くなったものです。ふつうの皮膚は2週間もすると、あかとなって、はがれ落ちますが、爪は硬いかたまりとして伸び続けます。

爪はたんぱく質でできています。爪を丈夫にしようと思ってカルシウムを摂る人がいますが、そうではありません。バランスのよい食事と健全な内臓機能が、丈夫な爪の基本です。

爪は爪の根元で作られ、古いものが押し出されて指先に向かって伸びていきます。爪は一日に0.1ミリほど伸びますので、約100日で爪の先に到達します。今度切られる爪は、100日ほど前にあなたが作った爪です。

爪の根元で作られた爪は、そのまま押し出されるように移動して先まで運ばれます。そしてその間は、新陳代謝することもなく、新たに栄養分が供給されるわけでもありません。ですから栄養状態がいいときにつくられた爪は最後まで丈夫で、体調が悪いときに作られた爪は切られるときまで薄いままです。重い病気にかかったときには爪に薄くなってへこんだ部分ができ、そこが横筋のようになって残ります。爪の根元に良質のたんぱく質がいかに準備されているかで爪の丈夫さが決まるといえるでしょう。

一方、桜色のきれいな爪の色は、爪の下の部分の血行がよい証拠です。血行や内臓の状態が爪の色に現れてくるのです。

以上より、美しく丈夫な爪を維持するために漢方ができることは、爪の根元にリッチな栄養をスタンバイさせることと、指先の血行をサラサラにすることの二点となります。

一つ目の、爪の根元にリッチな栄養をスタンバイさせるためには、まずなんといっても毎日の食事です。偏食はしていませんか。栄養のバランスを考えずに外食やコンビニ弁当の日々を無邪気に送ってはいませんか。心がけてほしいのは、できるだけ多くの種類の食材を食べること、季節の野菜をたくさん摂ること、豆類を心がけて口にすること(豆腐や納豆も豆類ですよ)、そして玄米など自然なかたちに近い穀類を食べることです。逆に口から遠ざけたいのはスナック菓子、清涼飲料、食肉加工品、牛乳、白砂糖などです。

さらに栄養を補う体質を漢方薬で作り上げれば文句なしです。いい内容の食生活を送っていても、補う体質ができていないとリッチな栄養分は体を素通りしてしまいます。逆に補う体質の人は、口にした良質の栄養がしっかりと体内に吸収され、結果的に丈夫な爪が作られます。もちろんこの体質は、爪だけでなく、しっとりとつやのある肌、豊富で張りのある髪、そして安定した生理やしっかりした集中力の基礎ともなります。

28歳の女性で、生理が安定しないで遅れ気味なかたがいました。目が疲れやすく頭がぼうっとしがちで、肌つやもよくありません。爪ももろく、すぐ二枚に割れる、とのことです。

このかたは補う体質のできていない典型的なタイプ。補う体質作りのための漢方生薬を服用してもらいました。何首烏、当帰、阿膠、竜眼肉、旱蓮草などが具体的な生薬です。4ヶ月ほど経ちますが、生理不順は完全に改善され、その他の諸症状も緩和されてきています。

二つ目の、指先の血行をサラサラにするためには、血液循環を整える働きのある生薬を用います。血液がどろどろして血行が悪い場合は紫色や黒っぽい爪の色をしています。栄養や元気が不足して血行がよくない場合は爪は白っぽくなります。また内臓機能が落ちると蒼白っぽく、冷え症がひどい場合は青味がかった爪の色になります。

冷え症でトイレが近いのが悩みの24歳の女性の例です。かなりの冷え症で、しかも寒がり、声も小さく元気のない感じでした。爪を診れば、白い色でした。

このかたの場合は川など血行を改善する生薬に、党参、白朮、鹿茸などを加えて元気を補い血液循環を強力に改善させました。かなり顕著に効果が出て、短期間で冷えが改善され、爪の色もきれいなピンク色に変わりました。

爪の変化には他の病気が深く関与している場合があります。

乾癬になると角化異常のために爪が白くにごり、白点が出てきます。強皮症、エリテマトーデスなどの膠原病では爪の根元の皮膚が爪に付着して、甘皮の部分が長く伸びます。鉄欠乏性貧血では爪の中央がへこんでスプーンのようになることがあります。爪に白癬菌が感染すると爪が厚くなり白から黄白色に濁ってきます。

このような場合は、当然その病気の改善を進めることにより、健康な爪を取りもどします。乾癬は難病ですが、牡丹皮など熱を冷ます漢方生薬に、生地黄など適正な水分を補う生薬類を加えた処方で改善されることがよくあります。鉄欠乏性貧血は漢方薬をつかって体質改善すれば根本的に改善しやすい病気です。爪白癬は水虫と同種の病気で、漢方でも西洋医学でも根気のいる治療が必要な病気です。
もう少し詳しく中医学
爪の色が白いときには血分を補うための八珍湯や帰脾湯、蒼白いときには体を温める人参湯や当帰四逆湯、紫や黒っぽいときは血行をサラサラにする桃紅四物湯などを服用するといいでしょう。


参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.