薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 下痢
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
過敏性腸症候群・潰瘍性大腸炎・クローン病なども含む
漢方薬で下痢の改善をする
下痢は糞便中の水分量が増加した状態で、便が泥状になったり水様性になったりします。腹痛を伴う場合や伴わない場合、便が粘っこい場合、すっきり排便しない場合、下痢と便秘を繰り返す場合などがあります。

下痢は、摂取した水分量や胃や膵臓や小腸などからの分泌液の量が、小腸や大腸で吸収される水分量を上回ったときに起こります。一般には、後者つまり腸での水分吸収能力が低下して下痢になります。原因としては、飲食の不摂生や、からだとくに腹部の冷え、またウイルスや細菌の感染などがあり、一般に急性に発症します。

一方、明らかな原因がなく、慢性に反復する下痢も多く見られます。これは消化器系の機能低下や、精神的ストレスによる自律神経の失調、体力の低下や加齢による全身の機能の衰弱などが原因として考えられます。

また便意が頻繁にあり、下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群、粘血便や血便を伴う潰瘍性大腸炎、長期にわたる腹痛や発熱、体重減少を伴うクローン病などでも下痢が見られます。

西洋医学では、食事療法と並行して乳酸菌製剤や消化酵素薬、腸運動抑制薬、また感染症に対しては抗生物質、過敏性腸症候群に対しては抗不安薬が併用されます。潰瘍性大腸炎、クローン病については原因不明とされており、一般には潰瘍性大腸炎にはサルファ剤とステロイド剤の投与、またクローン病に対しても同様の薬物投与と栄養療法などが行われます。慢性に経緯する下痢は、西洋医薬で根治することが困難なため、再発・再燃を繰り返すことが多くあります。

一方、中医学(漢方)では、下痢の根本原因を内臓機能や心身のバランスの失調に求め、そのバランスを調整し正常化することで、下痢の根本的な改善を図ります。とくに慢性の下痢に対しては、漢方薬で消化器系の機能を高めたり、また自律神経のバランスを調整したり、ストレスに対する抵抗性を高めたり、あるいは冷えやすい体質を改善したり、からだ全体の機能を向上させたりすることにより、下痢の改善に当たります。漢方薬には心身のバランスを整える力があるので、過敏性腸症候群に対しても効果的です。また潰瘍性大腸炎やクローン病に対しても、漢方薬で免疫力や自然治癒力を高めることにより、症状の軽減や改善に効果を発揮します。
漢方薬を飲むにあたって
下痢に用いられる漢方薬は、下痢の状態や特徴、それにひとりひとりの体質によって大きく違ってきます。下痢にはこの漢方がいい、などという単純なものではありません。漢方薬を飲む際は、漢方の専門家のカウンセリングを受けて、自分に最適な漢方処方を選んでください。

また消化のよいものを摂取し、食事はよくかんで食べる、下痢による脱水に注意して水分の補給を十分に行う、からだを冷やさない工夫をするなど、日常生活での養生も忘れないようにしてください。
参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.