薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 生理痛
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
漢方薬で生理痛を根本から改善する
月経のときにはさまざまな症状が発生しますが、とくに月経期あるいは月経前後に下腹痛や腰痛を主とした痛みを生じるとき、これを月経痛(生理痛)といいます。痛みがひどく、日常生活に支障をきたす場合は、これを月経困難症とよんでいます。

痛みは頭痛や胃の痛みなどをともなうこともあり、また必ずしも毎回痛まない場合もあります。吐き気や下痢、便秘などをともなう 場合もあります。さらに痛みが生じる時期も、生理前から、生理が始まってから、生理の後半に、などさまざまです。痛みの種類も、 刺すような痛みだったり、鈍く重い痛みだったり、お腹が張るような痛みだったりします。これらは生理痛の病態や患者の体質と深く 関与していますので、単に痛いから鎮痛剤、という方法でやりすごさないほうがいいでしょう。

生理痛の原因には、内分泌ホルモン系の失調や自律神経の失調、子宮発育不全、さらに心理的・精神的ストレスや冷え症、血流障害 などがあげられます。また子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内炎症性疾患、子宮位置・形態異常など、器質的な疾患が原因となって生理痛 が生じる場合もあります。

中医学では、生理痛の根本原因を改善することにより、生理痛の改善にあたります。漢方薬にはホルモンバランスや自律神経系を調 整し正常化する働きが強くありますので、生理痛の改善に効果を発揮します。またストレスに対する抵抗性を高める処方もありま す。血流を調えて血液をさらさらにする生薬も多くあります。鎮痛剤で痛みを抑えるだけの対症療法とは違い、生理痛の改善がで きる点が漢方薬の特徴です。
生理痛に効果的な主な漢方薬
 
生理痛に効果的な漢方薬は数十種類あり、あなたに最適な漢方薬が何かは、ひとりひとりの体質や痛みのタイプ・症状などによって、異なります。以下に比較的よく用いられる漢方薬を列挙しますが、漢方薬を服用する場合は、必ず中医師など中医学の専門家に相談して決めてください。

四逆散、 柴胡疏肝散、 杞菊地黄湯、 四物湯加減、失笑散、 右帰飲、 当帰四逆湯、 四七湯、 など
漢方薬を飲むにあたって
漢方薬と並行して、日常生活では、適度な運動や気分転換など、ストレスをためない工夫も必要です。また、からだ、とくに下腹部は冷やさないように注意してください。さらに食事はよく噛んでゆっくり楽しく食べ、脂っこいものの食べすぎに注意するのも大切です。

中医学に詳しくない医療機関では生理痛や生理不順といえば当帰芍薬散や桂枝茯苓丸ばかり処方するところも少なくないようです が、ひとりひとり生理痛の原因はさまざまなはずですので、あなた自身の症状や体質にあった処方をしてもらうようにしてください。

症状を抑えるだけの鎮痛剤にばかり頼らないで、漢方薬でからだ全体のバランスを調え、自然なかたちで体調を取り戻してくださ い。


参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
(日経DIコラムは薬剤師向けに漢方を解説するサイトですが、それ以外のかたも閲覧可能です。症例ものせて、わかりやすくまとめました)


自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.