薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 肩こり ・ 腰痛
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
パソコンに向かって同じ姿勢をとり続けたり、デスクワークで長時間いすに座りっぱなしでいたりと現代社会ではどうしても肩や腰に負担がかかります。おまけに精神的なストレスや冷え症の影響で血行が悪くなることも一因となっており、病気ではない肩こりや腰痛が増えています。きつい家事労働や農作業、多産による肉体への負担がおもな原因となっていた一昔前とは大きな違いですね。

肩こりは女性に多い症状です。20歳代のかたにも多くみられます。26歳の女性で、肩がぱんぱんに張っているかたがいました。仕事はパソコンを長時間にわたり使うことが多く、ずっと座ったままです。あいにく職場ではエアコンの真下に席があり、夏でも冷房がつらいようです。マッサージの効果も感じられず、肩こりが楽になるのは年末年始や夏期休暇など長期に会社を休めるときだという笑うに笑えない状態でした。肩こり以外には生理痛の悩みもありました。

このかたの場合は冷えやストレスによる筋肉の緊張と血行不良が原因です。若い女性の肩こりによく見られるタイプです。漢方薬としては、筋緊張をゆるめる白芍や青皮などの生薬に、血行を改善する紅花や桃仁、冷えを解消するための党参や白朮などの生薬を配合したものを用いました。同時に体を温めるものを積極的に食べてもらいました。職場の冷房やストレスなど肩こりをひどくする環境下での改善でしたが、半年後には生理痛はなくなり、肩こりもあまり気にならないくらいにまで減りました。

血行改善や筋緊張の緩和以外に、乾いて硬くなったスポンジが水を含んで柔らかくなるように、適度な水分で上半身を潤すことにより肩こりを改善することもあります。この場合は生地黄や熟地黄、玄参などの漢方生薬を用います。

腰痛も、とくに病気やきっかけがないのに腰への負担が積み重なって起こる慢性的な腰痛が増えています。上半身の体重を背骨で支える構造になっている人間の宿命ともいわれますが、生活習慣と環境の見直しや、食事と漢方薬による体質改善により、改善や予防、悪化の防止も可能になります。

そもそも脊椎には椎間板などクッションの働きをする組織が存在します。しかし20歳代以降はそのクッションの柔らかさが次第に失われていきます。そこに血行不良や筋肉の緊張、長時間のデスクワークなどによる負担がかかると、慢性的な腰痛になります。

漢方では、肩こり同様に血行を改善したり筋肉の緊張をやわらげたりするほかに、腰痛に対しては杜仲や巴戟天などの生薬で精気を補充して腰を養う、つまり老化防止をすることにより腰痛の緩和に効果をあげています。慢性的な腰痛の根底に老化や過労などの要因が隠されているということでしょう。無理は禁物ですね。

日常での注意点としては、肩こりに対しても腰痛に対しても、まず姿勢に気をつけることです。正しい姿勢を意識しましょう。とくに長時間パソコンを使う仕事や椅子に座りっぱなしの職業のかたは、前かがみにならないようにし、こまめに休息をとって歩き回るなど体を動かしてリフレッシュしてください。

食事にも気をつけてください。季節の野菜や穀物を中心にバランスよく食べると血行がよくなり神経にもよい影響がありますので、痛みやこり、しびれに効果的です。

また肩や腰だけでなく体が冷えないように注意してください。過度の冷房を避け、入浴やマッサージで患部を温めましょう。ストレッチなどの軽い運動もお勧めです。

腰痛のかたは、それ以外に腰への負担をかけないよう、中腰の姿勢を避けたり硬めのマットで寝たりという工夫をしましょう。腹筋や背筋を鍛えるのも効果的です。

漢方では、肩から首にかけては、血液や栄養やエネルギーが狭い通路を通って脳と行き来する重要なところととらえています。腰も中医学では「腎の府」といわれ、生命活動に重要なエネルギーが集まる場所と考えています。軽い肩こりや腰痛でも軽視せず、正しい姿勢や肥満の予防なども含めて、早期に改善に当たってください。
西洋医学では
西洋医学では病気と判断される場合に治療の対象となります。肩こりだと頸肩腕症候群のほかに胆のう炎など内臓の病気、眼精疲労など目の病気、歯並びやかみ合わせなど歯の病気、うつ病など精神神経の病気、更年期障害など婦人科の病気などが考えられます。また腰痛ですと腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症・すべり症、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症のほかに腎臓結石や尿管結石、子宮内膜症、悪性腫瘍などの病気が考えられます。内科、整形外科、ペインクリニック、眼科、歯科、心療内科、婦人科など思いあたる科にいく必要があります。
もう少し詳しく中医学
血行改善には血府逐湯や通導散、疎経活血湯など、筋緊張をゆるめるには四逆散や柴胡疎肝散、竜胆瀉肝湯など、精気を補充するには右帰飲や知柏地黄湯、独活寄生湯などが用いられます。
参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.