薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 精神・神経・情緒・ストレス対策
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
不安・緊張・いらいら・ストレスに弱い・過食・拒食 など
説明・解説

不安感、緊張しやすい、いらいらしやすい、眠れない、やる気がしない、怒りっぽい、すぐ胃が痛む、むかむかする、食欲がない、食べられない、あるいは食欲がありすぎて食べすぎる、食べては吐く、不眠、頭痛、脱毛、生理不順など、精神のバランスや心身のバランスがくずれて生じる症状は多々あります。

人間だれしも、このような症状をときに経験するものですが、これが何日も続いたり、社会生活に支障をきたしたりする程度にまでなると軽視できません。また神経症や精神分裂病、うつ病、ヒステリー、拒食症などの場合は早急に対策を打つ必要があるでしょう。そのような場合は生活の改善だけでなく、漢方薬の力を借りるなどして精神・神経のアンバランスを調整し、正常な精神状態や体調を取り戻すことが大切です。

しかし病院や診療所で検査をしても、とくに異常がみつからないこともよくあります。そして自律神経失調症、神経症、うつ病、不安神経症などということで、精神安定剤や抗不安剤、抗うつ剤、睡眠導入剤などを処方されることが多いようです。これらの薬は対症療法剤ですので、服用すれば一時的に症状は抑えられますが、薬をやめると当然症状は再発します。また習慣性のある薬も多く、胃腸障害その他の副作用も認められています。

一方、中医学(中国の医学)では、精神面のアンバランスを調えることにより、過度の緊張や興奮、あるいは抑鬱やいらいら、不安などの諸症状を緩和します。とくに漢方薬には自律神経系や中枢神経系の機能を調整する作用が認められていますので、自然なかたちで精神・神経系の諸症状をやわらげます。

さらに、胃痛や頭痛、動悸、息切れ、吐き気など、精神的なストレスと関わって生じる肉体的な諸症状に対しても、漢方薬は効果的です。漢方薬でストレス抵抗性を高め、精神的なストレスを緩和し、その結果自然に肉体的な諸症状が改善されます。中医学では、「心身一如」といって、精神と肉体を切っても切れない関係ととらえる考え方が根本にありますので、心身のアンバランスに よって生じる諸症状には、漢方薬は効果的です。

漢方薬での改善と並行して、日常生活では、適度な運動や気分転換、趣味の世界の充実など、ストレスをためない工夫も必要でしょう。また、食事はよく噛んでゆっくり食べ、脂っこいものの食べすぎに注意するのも大切です。また家族をはじめまわりの人たちの協力も大切です。あせらないで、じっくり確実に体調が快復していくのを見守るようにしましょう。

症状を抑えるだけの睡眠剤や向精神薬・精神安定剤・抗うつ剤・抗不安薬などにばかり頼らないで、漢方薬でからだ全体のバランスを調え、自然な体調を取り戻してください。
おもな漢方薬

精神や情緒の悩みには、その人の体質により、さまざまな漢方薬が使われます。おもな漢方薬は以下のとおりです。


主な症状など 漢方薬
緊張しやすい 帰脾湯、滋水清肝飲、など
不安感 甘麦大棗湯、帰腎丸、など
いらいらする、すぐカッとなる 三黄瀉心湯、竹ジョ温胆湯、など
情緒不安定 柴胡疏肝散、柴芍竜牡湯、など
憂うつ感 開鬱種玉湯、四逆散、など
落ち込み 越鞠丸、調肝湯、など
過食 大半夏湯、生姜瀉心湯、など
拒食 帰耆建中湯、茯苓沢瀉湯、など
やる気が出ない・無力感 黄耆建中湯、カッ香生気散、など
喜怒哀楽の感情が減った 牛車腎気丸、挙元煎、など
物忘れがひどくなった 大補元煎、滋陰至宝湯、など
疲労倦怠感 両地湯、養精種玉湯、など
不眠 黄連解毒湯、酸棗仁湯、など
肩こり 当帰散、当帰四逆湯、など
頭痛、頭重感 逍遥散、四苓湯、など
動悸、不整脈、息切れ 艾附暖宮丸、当帰湯、など
めまい 知柏地黄湯、滋陰降火湯、など
息苦しい 炙甘草湯、香リョウ丸、など
のどのつかえ 蒼附導痰丸、半夏厚朴湯、など
食欲不振 六君子湯、補中益気湯、など
吐き気 生姜瀉心湯、呉茱萸湯、など

(複数の症状が当てはまる場合は、漢方薬もまた別のものになります)

あなたに合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、ストレス抵抗性が高まり、気分がゆったりし、気力が充実してきます。緊張しやすい、不安感が強い、いらいらしやすい、などの体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った漢方薬がどれかは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにするのがいいでしょう。


参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.