薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 鼻づまり
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
漢方薬で鼻づまりの改善をする
鼻づまりは、鼻孔の通過が悪くて鼻呼吸が困難になった状態です。鼻水を伴う場合と伴わない場合がありますが、慢性化すると粘性または膿性の鼻汁となります。鼻汁は鼻の穴から出るほかに、のどに回る場合もあり、咳の原因になったり、鼻汁が朝にのどのほうから出てきたりします。また鼻づまりが慢性化すると、頭痛、頭重感、眼の奥の痛み、のどの不快感、顔面とくに頬や鼻の周りの不快感などの症状も伴います。嗅覚障害をひき起こし、においがしなくなる場合もあります。

鼻づまりの原因には、かぜなどのウイルス感染や細菌感染、鼻アレルギーの慢性化、鼻粘膜や副鼻腔粘膜の炎症、むし歯の細菌の感 染、また副鼻腔や鼻中隔など鼻腔の形の異常(鼻中隔彎曲など)、精神的ストレスや緊張、気候の変化、疲労の蓄積、冷え、内臓機 能の失調、食事の不摂生などがあります。とくに副鼻腔粘膜が炎症を起こし、副鼻腔に分泌液や膿汁がたまり、それが鼻腔にあふれ てきているような状態を、副鼻腔炎といいます。

西洋医学では、細菌感染による場合は抗生物質による治療などが、また副鼻腔炎が慢性化しているような場合は手術が行われます。

一方、中医学(漢方)では、抗生物質や手術による治療は行わず、たとえば免疫力を高めてウイルスや細菌に対する抵抗力を高めた り、臓腑のバランスを整えて慢性的な炎症をしずめたり、心身のバランスを正常化してストレスを和らげたりすることにより、副鼻 腔炎をはじめとする病気の根本的な改善を進め、鼻づまりを良くしていきます。病院で手術しか方法がないといわれてから漢方薬を飲 み始め、その結果漢方薬だけで副鼻腔炎を改善して手術をしなくてすんだ例などは、実際によく見られます。
漢方薬を飲むにあたって
 
鼻づまりに用いる漢方薬は、鼻づまりの状態や鼻汁の特徴、それにひとりひとりの体質によって大きく違ってきます。漢方薬で免疫力を高めることを重点的に考えればいいのか、精神的なストレスを取り除けばいいのか、内臓の働きを正常化させて体調を整えればいいのか、などにより、用いる処方が違ってくるのは当然です。鼻づまりには、あるいは副鼻腔炎にはこの漢方薬がいい、などというものはありません。中医師など漢方の専門家のカウンセリングを受けて、自分に最適な漢方処方を選んでください。以下にあげるのは、わりとよく用いられる処方ですが、あくまでも参考資料としてご覧ください。

鼻汁が膿性で黄色い場合 竹葉石膏湯、 白虎湯 など

季節の変わり目や朝方に悪化する場合 四逆散、 逍遥散 など

鼻づまりにうすい鼻水を伴う場合 理中丸、 苓桂朮甘湯加減 など

アレルギー性の場合 蒼耳散、 鼻炎片 など

夜に鼻づまりが悪化する場合 通導散、 桃紅四物湯 など
参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.