薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > にきび(吹き出物)
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
にきび(吹き出物)を漢方薬で根治する
にきび(吹き出物)は、毛穴に皮脂がたまって盛り上がり、さらに炎症を起こして赤くなったり化膿したりした、毛穴のトラブルです。毛穴に皮脂や角質が溜まったり、毛穴の出口がつまったりすると、毛穴が盛り上がり、"白にきび"ができます。毛穴の中の皮脂が酸化して黒くなると"黒にきび"です。そこに細菌が感染して炎症を起こすと"赤にきび"になります。さらに悪化すると、化膿を起こして、"膿をもったにきび"になります。

"にきび"ができる原因には、皮脂の過剰な分泌、毛穴のつまり、毛穴の常在菌の活動、肌の乾燥などがあります。それらの背景には、ホルモンバランスの変化や、免疫力の低下、肌の代謝の衰え、血行不良、ストレス、食事の不摂生、生理の周期などが関係しています。"にきび"の悪化には、からだの内側の要因が深く関わっているわけです。

肌を清潔に保たないと"にきび"ができやすくなるのは当然ですが、からだの内側からのケアを怠ると、にきびの根治は難しくなります。たとえば疲れたときや寝不足のとき、あるいは胃の調子がわるいとき、生理前、脂っこいものを食べ過ぎたとき、ストレスの多いときなどに"にきび"が悪化した経験をお持ちのかたは多いのではないでしょうか。

漢方では、漢方薬で体質改善をし、からだの内側から"にきびができやすい体質"そのものを改善し、にきびを治していきます。たとえば生理前に悪化する"にきび"に対しては、漢方薬でホルモンバランスを調えます。ストレスの影響で"にきび"が悪化しやすい場合は、漢方薬でストレス抵抗性を高めて"にきび"を消していきます。さらに"白にきび"には老廃物を捨て去る漢方薬、"赤にきび"にはデトックス作用の強い漢方薬など、にきびの種類によっても適切な漢方薬を使い分けます。"にきび跡"には、美白効果のある漢方薬でメラニン色素の排泄を促進します。からだの内側から"にきび"を根本的に治していくのが漢方薬です。

西洋医学的には、美容皮膚科などでピーリング、レーザー治療、ビタミンなどのトリートメントや導入、抗生物質による治療などが行われます。からだの外側からの治療が中心になりますので、"にきび"を根本的に改善したい場合には、からだの内側からの治療も検討するといいでしょう。

漢方薬は、からだの内側から"にきびができにくい体質"を作っていくものです。美容皮膚科での治療やトリートメントなどと併用している方もいらっしゃいます。からだの内側からじっくり根本的に"にきび"を治したい、再発を繰り返したくない、とお考えの方に、漢方は適しています。

よく使われる漢方薬
 
1:発赤や化膿が目立つ場合は、連翹、黄柏など、"デトックス効果"のある生薬配合の漢方薬で解毒するのがいいでしょう。食生活の改善も重要です。

2:血行を改善して老廃物を取り去りたい場合は、芍薬、牡丹皮など、血行を促進する生薬配合の漢方処方を使います。

3:ホルモンバランスを調えたい場合は、地黄、桂皮など、内分泌系の機能を調整する生薬を使った漢方薬がいいでしょう。夜更かしは控え、規則正しい生活も心がけてください。

4:ストレスの影響で症状が悪化しやすい場合は、柴胡、芍薬など、ストレス抵抗性を高める生薬を使った漢方処方で、ストレスに強い体質を作っていきます。

5:肌が乾燥して毛穴が硬くなっているために"にきび"ができやすくなっている方は、当帰、地黄など、肌を潤す薬効のある生薬を使った漢方処方がよろしいでしょう。

6:にきび跡がなかなか消えない場合は、黄耆、甘草など、皮膚の代謝を高める生薬を用いた漢方処方が適しています。


参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.