薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 脱毛・薄毛・抜け毛・髪の毛の悩み
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
漢方薬で体の内側から頭皮に栄養を与える
髪の毛(毛髪)は、皮膚の角質が分化してできたものです。大人の場合、約10万本の毛髪があります。

毛髪は、皮膚から出ている毛幹と皮膚に埋もれている毛根とに分かれます。毛根は皮膚表面から4〜5mmほど陥入し、一番根元の部分は毛球とよばれ血管とつながっています。毛髪には成長期と休止期とがあり、活動期に髪が伸び、休止期には髪が抜けます。
毛髪は毛皮質という細胞で取り囲まれており、その一番外側が毛小皮(キューティクル)の層です。それぞれ、おもにたんぱく質でできています。

髪の毛の色は、毛皮質に含まれるメラニン色素の量により決まります。メラニンが多ければ黒髪、少なければ茶色、さらに少なければ金髪になります。白髪は、毛髪内に空気が多く取り込まれた状態です。

さて髪の毛の悩みとしては、抜け毛や脱毛、薄毛、白髪、枝毛、髪の毛につやがない、ぱさつく、細くなった、張りがない、切れやすい、また髪の毛のいたみなどがあります。円形脱毛症でお悩みの方も少なくありません。

脱毛や抜け毛、薄毛、白髪などについては、毛根に十分な栄養や潤いが与えられているかどうか、という体内の要因が大きく関係しています。そこにはホルモンバランスの失調や、自律神経系の乱れ、また栄養状態の失調や、ストレスや過労による体調の悪化などが関与しています。円形脱毛症の場合は、とくにストレスの影響が大きく影響しています。

髪の毛のつややぱさつき、いたみなどの原因としては、髪の毛に十分な栄養を供給できているかという体内の要因と、シャンプーや紫外線などの外的要因との両方があります。体内の要因には、脱毛などと同じように、ストレスや自律神経の乱れ、栄養状態、それに血行の悪化などがあります。

漢方では、ひとりひとりの髪の毛の悩みに対して、からだの内側から根本的に改善していきます。ホルモンバランスや自律神経系を安定させ、血行を改善することにより、毛髪の成分となる栄養が豊かに毛根に供給されるようにします。場合によっては体の栄養状態も改善し、頭皮や毛根の状態も活性化させます。ストレスに対する抵抗性を高める漢方薬も有効です。漢方薬は、からだの内側から改善していく薬です。

西洋医学では、脱毛症や薄毛に対しては育毛剤の外用薬や内服薬が使われます。美容皮膚科などでは頭皮マッサージや、ビタミン等の頭皮注入なども行われます。円形脱毛症に対しては精神安定剤の投与などもなされます。なお育毛剤などの薬剤は、使用をやめると毛髪はいずれ元に戻りますので、長期間使用する必要があります。

漢方薬は、あくまでも体質を改善して頭皮を活性化し、毛根に豊かな栄養を送り込むものです。皮膚科の治療と併用している方もいらっしゃいます。からだの内側からじっくり根本的に改善したいとお考えの方に適しています。



よく使われる漢方薬

1:ホルモンバランスを調えたい場合は、地黄、桂皮など、内分泌系の機能を調整する生薬を使った漢方薬がいいでしょう。夜更かしは控え、規則正しい生活も心がけてください。

2:自律神経系の失調やストレスの影響が大きい場合は、柴胡、芍薬など、ストレス抵抗性を高めて自律神経系を調整する生薬を使った漢方処方で、ストレスに強い体質を作っていきます。

3:血行を改善して毛根に豊かな栄養を送り込みたい場合は、芍薬、牡丹皮など、血行を促進する生薬配合の漢方処方を使います。タバコは血行改善の大敵である点も、お忘れなく。

4:上質な栄養をたっぷり毛根に送り込みたい場合は、人参、大棗など、胃腸機能を高める生薬配合の処方を用います。食生活の改善も必要でしょう。

5:頭皮や毛根を活性化したい場合は、黄耆、甘草など、皮膚組織の機能を高める生薬を用いた漢方処方が適しています。十分な睡眠・休養も心がけてください。

 
参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.