薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > がん(癌)
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
 漢方薬は、患者さんの免疫力を高めることにより、がん病巣の拡大や転移を食い止め、手術などによるダメージからの回復を促し、抗がん剤治療などの副作用の軽減にも役立つものです。がんは、漢方にとっても治療が難しい病気ですが、効果があった症例も含め、いくつかみていきましょう。

 以下は薬剤師を対象とした原稿ですが、ご参考にしていただければと存じます。
がん治療に使われる漢方
 
 1981年以来、日本人の死因のトップは、がんです。日本では二人にひとり以上ががんになり、三人にひとりががんで亡くなっています。がんは、最も恐れられている病気のひとつです。

 がんは、それまで正常だった自分自身の細胞が突然がん細胞に変わることにより起こる病気です。これも、がんが恐れられる理由のひとつです。人体を構成する約60兆個の細胞は、毎日細胞分裂を繰り返し、少しずつ新しい細胞と入れ替わっているわけですが、その過程で、健康な人の体内でも、毎日およそ3,000個のがん細胞が発生しているといわれています。だれにでもがんになる可能性があるわけです。がんになるか、ならないかは、その人がもつ免疫力に大きく依存しています。

 さらに、がんは転移などで全身に広がりやすい病気です。がん細胞が血液やリンパ液に運ばれて周囲の組織や離れた臓器に飛び火し、そこでも病巣を作り、転移先の臓器の機能を乱します。がんができたら転移の予防も重要な命題です。

 がんになる人は年々、増えています。最大の理由は高齢化です。最初のがん細胞が命を脅かす大きさのがんになるまでに数十年という年月が必要なのです。その間に遺伝子の損傷が増え、がんが大きくなります。

 主な要因のひとつは、好ましくない生活習慣の積み重ねです。喫煙、運動不足、暴飲暴食、ストレスなどががんの成長を助長するのは、多くのデータの示すところであり、有識者の見解です。"元気で"長生きしたいのであれば生活習慣を見直すことが必要です。

 西洋医学では、手術、抗がん剤治療、放射線治療などが行われます。がん化のメカニズムは遺伝子レベルで解明が進み、抗がん剤の開発も進んでいます。いずれも、がんそのものに着目し、がんを減らしたり弱らせたりする治療法です。

 漢方には「扶正キョ邪(ふせいきょじゃ)」という治療原則があります。扶正とは、正気を扶助する、つまり人が生きるために必要な機能や高め、物質を満たすことです。そしてキョ邪とは、病邪をキョ除する、つまり病気を追い払うことです。病気の背景に正気の衰弱がみられる場合は「扶正」を主とし、病邪の勢いが強くても正気がじゅうぶん機能するようなら「キョ邪」を旨とします。

 漢方にも、がんに直接作用してがんを減らしたり弱らせたりする生薬などはあります。扶正キョ邪のうちキョ邪の部分です。しかし効果は西洋医学的な方法に及ばないでしょう。キョ邪については西洋医学が効果的です。

 漢方が力を発揮できるのは、扶正キョ邪の「扶正」の部分です。患者さんの免疫力を高めることにより、がんの治療を進めます。

 免疫力を高めるためには、あるときは気血(きけつ)を補い、またあるときは臓腑のバランスを調える漢方薬を処方します。基本的には、ほかの病気と同じように、まず患者さんの証(しょう)をしっかりと把握して、それに合わせた処方を決めることです。ひとりひとり、弱っている機能はまちまちです。その弱点を漢方薬でカバーすることにより、免疫力を高め、がんに対処していきます。

 がんの再発予防、あるいは転移や浸潤を抑えて悪化防止をしたい場合も同じです。川の氾濫が懸念されるとき、川が氾濫して洪水になる前に堤防を作り、あるいは修復、補強、強化しておくことが漢方薬の「扶正」の役割です。

 がんの治療や予防以外にも、手術や抗がん剤、放射線療法などで衰弱した患者の生命力を立て直すのにも漢方薬は有効です。がん細胞に対して直接攻撃する力は放射線療法や抗がん剤に遠く及びませんが、患者さんの免疫力や自然治癒力を高める力が漢方薬にはあります。また、抗がん剤や放射線治療の副作用を和らげるのにも漢方薬は使われます。

 漢方薬は、がんに対して懸命に「扶正」し、病巣の拡大や転移を食い止め、手術などによるダメージからの回復を促し、抗がん剤治療などの副作用の軽減にも役立つものです。

 いくつか症例をみてみましょう。

■症例1
「大腸にできたがんが骨盤に転移しました。抗がん剤による治療を始めましたが、だるさや排尿痛などの副作用がつらくて中断しました」

 69歳の男性です。3年前に検査で大腸がんがみつかり、手術を受けました。それまで病気とはまったく縁のなかったので、それはショックなことでした。しかし手術は成功し、持ち前の体力と気力で予後も順調でした。ところが数か月前の定期検診で骨盤への転移が見つかりました。さっそく抗がん剤治療を始めたところ副作用が強く、中断しました。

 がん以外にはとくに体調の不具合で悩んだことはありませんが、強いて言えば、むかしから冷えやすいほうで、とくにおなかは触ると冷たく感じます。便は軟便ぎみです。あとは比較的汗っかきで、とくに夏場は上半身に汗をたくさんかきます。体型は痩せ形で、いくら食べても太りません。

 この男性の証は「脾気虚(ひききょ)」です。おなかが冷える、便が軟らかい、体重が増えないといった症状は、この証の人にみられやすい症状です。気が虚しているために免疫力が低下し、がんになったものと思われます。

 こういう場合は脾の機能を高めて気を補います。この証の人には補気建碑(ほきけんぴ)することが一番、免疫力の向上につながります。この男性には六君子湯(りっくんしとう)を服用してもらいました。

 漢方を飲み始めて2か月目の検査で腫瘍マーカー値の劇的な低下が見られました。4か月目には、気がつけば骨盤の痛みがなくなっていました。寝返りを打っても痛くありません。そしてその翌月の検査で、がんの消失が確認されました。

 がんは漢方においても難病です。しかしこの症例のように、ときとして大きな効果を発揮します。決して大きな期待を寄せてもいいということではありませんが、漢方薬でこのような改善がみられることもあります。患者さんが持つ免疫力の勝利といえるでしょう。

■症例2
「子宮体がんで手術をしました。これから抗がん剤治療をする予定ですが、吐き気、脱毛、倦怠感などの副作用が心配です。漢方薬で副作用が軽減できればと思っています」

 55歳の女性です。下腹部の痛みやおりもの、不正出血など、とくに自覚症状はありませんでしたが、大腸ポリープの検査のときに内視鏡が直腸を通りにくかったことから発見されました。

 この女性には、かつて子宮筋腫で悩んでいたときに漢方薬の服用により手術の必要がない程度にまで筋腫が小さくなった経験があります。もともと胃腸が弱く、吐き気を感じることも少なくないうえに下痢もしやすく、疲れやすいので副作用が心配です。今回も漢方薬を飲みたいと思います。

 彼女の証はもともと「脾気虚(ひききょ)」です。そこに重なるように、婦人科系の機能をつかさどる五臓の「腎」の力の衰えが存在します。証は「脾腎両虚(ひじんりょうきょ)」です。五臓の脾と腎が衰弱しています。

 彼女が飲んだのは、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)と四物湯(しもつとう)です。補中益気湯が脾虚を補いますが、補腎する力が弱いため、四物湯も一緒に服用してもらいました。胃腸が弱くて吐き気や下痢をしやすい人には四物湯が合わない場合もありますが、多くの場合、補中益気湯を一緒に飲むと大丈夫です。

 彼女の場合は手術前から服用し始め、入院中も服用し続け、抗がん剤治療中も併用しました。その結果、吐き気や脱毛といった副作用はまったく起こりませんでした。予後も良好で、術後10年近くになりますが元気に暮らしておられます。

 抗がん剤と併用する場合、この症例のように副作用を軽減する目的のほかに、抗がん剤の効果を増進する効果も期待できます。患者さんの証によりますが、五臓の腎と脾を補うことにより、いい結果を得る場合が多いように思います。

 がんの場合は血液の停滞が生じやすいので血オ(けつお)を改善する桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などの活血薬(かっけつやく)も併用するといい場合が多くあります。今回の四物湯にもそのような薬効がありますので、患者さんの証に合わせて併用を検討するといいでしょう。

■症例3
「腰の痛みと不正出血があったので検査をしたところ、子宮頸がんがみつかりました。精密検査の結果、手術の適応外とのことで、放射線治療を行うことになりました。漢方薬を併用して、よい方向に持っていけたらと思っています」

 44歳の女性です。とくに大きな病気にかかったことはありませんが、去年くらいから腰痛、不正出血、足のむくみなどの症状がみられるようになり、先月には大量の不正出血が出たので検査をしてみつかりました。すでに骨盤内に転移がみられるそうです。

 子どものころから冷え症で、しもやけができやすく、冬になると、かかとが割れることもあります。頻尿で、トイレは近いほうです。生理痛は若いころからずっとありました。最近は食事がおいしくなく、何を食べても砂をかんでいるような感じです。好きだったビールもまずく感じます。爪がもろく、二枚爪になっています。

 この女性の証は「気血両虚(きけつりょうきょ)」です。気虚とともに血虚がある場合、こういう言い方をします。上記の症状は、この証でみられやすいものばかりです。とくに二枚爪は血虚証にみられやすい症状です。

 こういう場合は気と血の両方を補うことにより体調をととのえ、免疫力を高めて放射線治療の効果を強め、さらに放射線治療による副作用を軽減します。今回は帰脾湯(きひとう)を使いました。

 放射線治療のあとは白血球数が少なくなり心配されましたが、4か月後には腫瘍マーカー値が下がり、転移巣は消え、原発がん病巣も期待以上に小さくなっています。

***
 ときとして西洋医学的な治療でなかなか効果がみられず、ご本人やご家族が藁(わら)をもつかむ思いで漢方を始める場合もあると思います。しかし、がんは漢方にとっても治療が難しい病気のひとつです。そういう場合は患者さんやご家族の気持ちを大切にしつつ、しっかりと寄り添ってコミュニケーションをとり、そのうえで正確な情報をお伝えするようにしたいものです。

 花屋を営む友人に「漢方って何?」と聞かれたとき、草木が弱ったり病気になったりしたときに何をするかを考えた場合、西洋薬は農薬で、漢方薬は肥料みたいなものだ、と答えると、はたと膝を打ち、大いに納得してくれました。農薬で害虫を殺すのか、肥料で草木を丈夫にして害虫に負けない草木にするのか。がんの漢方治療に関しては、とりわけ肥料としての漢方薬の役割が大切だと思われます。

 西洋医学も漢方も、それぞれに長所も短所もたくさんあります。がん治療に関しては、それぞれの「いいとこ取り」、つまり併用が有効だと思います。

 漢方薬でがんを克服した人たちに共通して言えることがあります。それは、みなさん楽天的でよく笑うことです。本当は恐怖と不安で一杯なのでしょうが、悩んでいても仕方ない、と前向きに生きておられます。笑うことで免疫力が高まるといわれていますが、手術や抗がん剤、放射線治療に頼り切るのではなく、生活習慣を見直し、食生活を改善し、さらによく笑って日常を平穏に過ごそうとする生活姿勢が免疫力を高めるであろうことは、間違いのないことだと感じています。薬剤師の側として、つらい現実に直面することも多々ありますが、こちらも負けずに笑顔で対応してまいりましょう。

参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
(日経DIコラムは薬剤師向けに漢方を解説するサイトですが、それ以外のかたも閲覧可能です。症例ものせて、わかりやすくまとめました)


自分にあった漢方薬に出会うには?
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.