薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 便秘
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
漢方薬で便秘を改善する
便秘は不快なものです。何日も排便がない・排便に時間がかかる・一日でも排便がないと不快である・排便は毎日あるが残便感がある・便が硬くなり排便がつらい・便が細く少量しか出ないなど、便秘にもさまざまなタイプがあります。

便秘は女性に多い症状ですが、男性にも、残便感のあるタイプや、痔に伴う便秘など、多数見られます。便秘は不快感や苦痛を伴うだけでなく、ニキビや吹出物などの皮膚病や肥満、高血圧や動脈硬化などの原因にもなります。単に下剤に頼るのではなく、体質的に改善しておくのがよいでしょう。
便秘の原因は、自律神経系の緊張・蠕動の異常・精神的ストレス・過食症・虚弱体質・老化・冷え症などが主なものです。

下剤は一時的に排便させる薬ですが、上記のような便秘の原因を治療しない限り、根本的に便秘を治すことはできません。コーラックをはじめとするほとんどの下剤には、習慣性(クセになる)があります。また、センナやアロエなどの下剤は、体を冷やす作用がありますので、女性、特に冷え症の方は控えたほうがよいでしょう。便秘を治すどころか、ますますこじらせてしまうことになります。

その点、中医処方(中国医学の処方・漢方薬)には、上記のような便秘する(便秘しやすい)体質そのものを改善する働きが強くあります。ですから漢方薬により便秘を根本治療することが可能となります。

便秘に効果的な主な漢方薬
便秘する(便秘しやすい)体質を根本的に治療する漢方薬は数十種類あり、あなたに最適な漢方薬が何かは、一般の人には判断が困難です。それは、ひとりひとりの体質や便秘の原因・タイプによって、効果的な漢方薬が異なるからです。以下に比較的よく用いられる漢方薬を列挙しますが、漢方薬を服用する場合は、必ず漢方薬局などで中医学(中国の医学)の専門家に相談して決めてください。

柴胡疏肝散、 加味逍遥散、 参苓白朮散、 資生湯、
補中益気湯、 潤腸湯、 大黄附子湯、 桂枝加芍薬湯、
 など
下剤に頼らないで下さい
漢方薬で便秘の体質を改善することを含めて、日常生活で注意すべきことは、以下の通りです。

1:下剤に頼らない

2:漢方薬で便秘の根本原因を改善する

3:一日に一度は時間を決めて排便の努力をする(無理に力まないように)

4:食事内容に気を使う(繊維質の食べ物を多く摂る、など)

5:運動を心がける(一日30分、早足で歩くだけでも、全然違います)

6:腹式呼吸を習慣づける

漢方薬と養生(日常の健康管理)で、一日も早く便秘と訣別してください。
参考症例・エッセイなど
 
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.