薬石花房 幸福薬局
トップページ > 症状・病気別に探す > 女性の病気
カウンセリング室 電話 メール
ご予約フォーム 料金のご案内 Q&A 自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
女性特有の病気を漢方薬で改善する
女性特有の病気には、生理に関するものや、妊娠に関するもの、産後の諸症状、そして女性性器に関わるものなどがあります。生理に関するものには、生理痛や生理不順、PMSなどがあります。妊娠に関するものには、妊娠悪阻や妊娠腹痛、流産癖などがあります。産後の諸症状には、産後の肥立ちがよくないことや、産後のめまい・悪露・便秘・排尿異常・母乳の問題などがあります。女性性器に関わるものには、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、陰部の痒みなどがみられます。また不妊症や、更年期障害、帯下に関する病気もよくみられます。

これらの病気は、いずれも内分泌ホルモン系や自律神経系の失調と深く関与しています。また中医学(中国の医学)の視点からは、気(生命力、エネルギー)の不足や気の流れの滞り、あるいは血行不良などとの関連が見て取れます。

中医学では、これら女性特有の病気に対し、体全体のバランスの失調を調えることにより、改善に当たります。とくに漢方薬には、ホルモンのバランスや自律神経系を調整する働きがあるので、女性の病気には効果的です。そして血行を改善し、体全体の気のめぐりをスムーズにし、体力をつけて体調を整える作用もあります。女性特有の病気の根本原因を改善することにより、自然に症状を緩和し、病気を良くしていくのが中医学です。

ホルモンバランスの失調や自律神経系の失調を、自分の力で改善していくのを強くバックアップするのが中医学、そしてホルモン剤や精神安定剤など薬の力で対症療法的に対処するのが西洋医学です。また手術で患部を摘出することを安易に勧める医師もみられます。しかし手術によって被る肉体的精神的負担や体全体のバランスの失調は、場合によりかなり大きなものとなります。状態によっては手術が最適な治療法であることもありますが、それ以外の場合は十分検討して、慎重に対処した方がいいでしょう。
女性の病気に用いられる主な漢方薬
女性特有の病気に効果的な漢方薬は何十種類もあり、病気の種類や症状、またひとりひとりの体質によって、効果的な漢方薬が異なります。漢方薬はオーダーメイドの薬ですので、自分に最適な処方を服用するようにしてください。「私の病気には当帰芍薬散がいいって本に書いてあったから」という単純なものではありません。参考までに、以下に比較的よく用いられる漢方薬を列挙しますが、漢方薬を服用する場合は、必ず漢方薬局などで中医学の専門家に相談して決めてください。

加減一飲煎、 蒼附導痰丸、 清熱固経湯、 保陰煎、 
両地湯、 帰腎丸、 四逆散、 柴胡疏肝散、
 など
日常生活での主な注意点
女性の病気の主な原因は、体内のバランスの乱れです。漢方薬による根本的な改善と並行して、また、再発防止のために、以下のような養生を心がけてください。

1: 高カロリー高たんぱくの動物性食品の摂取量を控えめにする

2: 適度な運動をする(一日一万歩を目標にする、など)

3: ストレスをためない工夫をする(趣味・運動・週末の気分転換など)

4: 体(特に腹部)が冷えないように心がける(飲食物・服装など)

また、漢方薬の原材料は天然の生薬です。妊娠中・授乳中の方でも安心して服用できます。ただし中には作用の強い生薬を用いる場合もあるので、妊娠中の方は必ずお申し出ください。

参考症例・エッセイなど
以下の症例・エッセイ・関連ページも参考になさってくださいませ。
自分にあった漢方薬に出会うには?
 
自分にあった漢方薬を入手するためには、専門家のカウンセリングを受けるのが第一です。漢方の専門家が、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を処方します。詳しい解説については、こちらをご覧ください。または下記の連絡先まで、お気軽にご相談・お問い合わせください。


電話 : 03-3580-0259
メール:info@kofukuyakkyoku.com
カウンセリング予約フォームもございます
営業時間 11:00〜19:00(日曜定休)





All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.