薬石花房 幸福薬局
トップページ > 漢方について − 病気と薬の選び方
カウンセリング室
電話
メール
ご予約フォーム
料金のご案内
Q&A
自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
漢方について
病気と薬の選び方
日本の漢方と中国医学(中医学)
漢方薬と民間薬
中医処方(漢方薬)の種類
薬石花房の生薬事典
漢方について
*おもに慢性病に対する薬の選び方について*

病気は「体のバランスの乱れ」が引き起こす

成人病・皮膚病・婦人病など主に慢性病の場合、病気の原因はからだ全体のバランスの乱れにあります。したがって慢性病を改善するには、体のバランスを調えないといけません。
体のバランスが乱れる原因は、食生活などの生活習慣、生活環境、精神的ストレス、疲労や過労、西洋医薬の副作用などが主なものです。少しずつでも毎日積み重なれば、血液を汚染し、気(生命エネルギー)の循環を阻害し、余分な水分がたまり、病気になります。

漢方や中医学(中国の医学)は、体の中の不純物や老廃物を体外に排泄し、血液をきれいにし、気の循環をスムーズにし、余分な水分を排泄し、体のバランスを正常に調える医学です。つまり漢方薬は「病気の根本原因を改善する薬」ですので、慢性病には最適です。

一方、西洋医学は症状を抑えるのが主流の医学です。症状を強力に抑えますが病気の根本原因を治すわけではありません。この治療法は対症療法と呼ばれ、現代医学の主流です。西洋医薬の服用をやめると症状が再発するのは、対症療法剤だからです。アトピー性皮膚炎、高血圧、喘息、鼻炎など、薬をやめると症状が再発するのは、その典型的な例です。さらに西洋医薬は、その強力な作用のために体のバランスを崩すこともあります。



慢性病の改善には漢方薬が有効

漢方薬には即効性がないと言われますが、これには理由があります。それは、漢方薬が多くの場合、慢性病を扱うからです。

急性病に対しては漢方薬にも即効性があるのですが、西洋医薬で治すのが主流です。ところが慢性病に対しては、西洋医薬では根治が困難です。慢性病は、現代医学(西洋医学)で治療できない病気だから、慢性の病気つまり慢性病とよばれるのです。体質的な病気に対しては、対症療法では根治は困難でしょう。慢性病は体質的な歪みが積み重なって発生するものですから、体質の歪みを正さないかぎり改善しません。その点、漢方薬は体質の歪みに対して作用しますので、慢性病の改善は漢方の得意とするところなのです。



上手な薬の選び方は?

慢性病は体質が改善されるまで治りません。アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息、高血圧、肥満など、病院では「体質だから仕方がない」「大人になれば自然に治る」などと言われることが多いようです。体質を改善するには、漢方薬と、毎日の生活や食事の習慣の改善しかありません。西洋医薬には病気の症状を抑える強い作用はありますが、体質を改善する力や病気そのものを治す力はありません。

からだ全体のバランスを整えて病気の根本原因を改善し、自然に健康な体を取り戻す漢方薬と、とにかく今のつらくて苦しい症状を抑える西洋医薬。

あなたの希望や体質に合わせて、適切な治療を受けてください。特に漢方薬は、同じ病気でも、患者の体質や病状によって違う薬を処方することが一般的です。漢方薬を飲む場合は、漢方薬局などで中医師など漢方の専門家によく相談して薬を選んでください。


なお、以下のエッセイ・ショートストーリーも参考になさって下さいませ。


All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.