-カウンセリングスタッフの紹介-


幸井俊高
(こういとしたか)

東京大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。ジョージ・ワシントン大学経営大学院修了。
1998年、中国政府より中医師の認定を受け、日本人として18人目の中医師となる。
現在、帝国ホテル内「薬石花房 幸福薬局」代表。
著書に『ビューティ漢方道』(講談社)、『舌をみれば病気がわかる』(河出書房新社)、『漢方でアレルギー体質を改善する』(講談社)、『漢方的スローライフ』(ちくまプリマー新書)、『漢方美人レシピ』(光文社)、『男のための漢方』(文春新書)、『漢方美人講座』(文藝春秋)など。

朝倉小百合
(あさくらさゆり)


九州大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。
大学卒業と同時に「薬石花房 幸福薬局」に入る。3年間幸井のもとで研修を受けたのち、カウンセリングを始める。
北京中医薬大学で学んだ漢方の知識の上に、日々の実践経験で得られる知恵を積み重ね、ときに西洋医学の知識も参考にしつつ、日々、質の高いカウンセリングと処方決断に努める。丁寧で、安心感のあるカウンセリングが好評。
「みなさまに喜ばれる仕事をしていけますよう、努めます。」

伊藤亜希
(いとうあき)


東京理科大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。
大学卒業後は製薬会社の研究所で創薬部門に従事し、その後は一旦子育てに専念する。現在2児の母。
2000年から伊豆の島で病院薬剤師、帰京してからは大学病院薬剤師として勤務。 2005年から調剤薬局の薬剤師として医療に従事。
2008年には薬局向けの専門誌「薬局」の特集「女性が悩む症候と漢方薬」に記事を執筆。
「カウンセリングでは毎回、皆様のお話を丁寧にお聴きし、皆様のお体が発するわずかなサインも見逃さないように心がけ、お一人お一人のご健康に役立つ漢方薬をお作りするよう努めております。」

トップへ戻る

お問合せ
アクセス