薬石花房 幸福薬局
トップページ > 養生のすすめ > 薬石花房の養生
薬石花房の養生−漢方的スローライフ「補捨流調」

 人の体質は、ひとそれぞれ。中医学の教科書に載っている基本的なものだけでも約120タイプあります。ですから自分の体質にぴたりと合った漢方薬を判断するとなると、それはもう中医学の専門家にじっくりみてもらうのが一番よろしいでしょう。
 ただし、いくら自分の体質にあった漢方薬とはいえ、それさえ飲んでいれば安心、というものではありません。大事なのは、日々、自分の体質に合った生活をすることです。
 薬石花房では、現代に生きる人たちに多くみられる体質を大きく四つに分類し、それぞれのタイプにあわせた生活、つまり「漢方的スローライフ」を提案しています。
 それが薬石花房の「補捨流調」です。

体質 からだにとって必要なものが不足しがちな体質
=虚弱タイプ(不足タイプ)
体質 からだにとって余分なものをため込みやすい体質
=過剰タイプ(ため込むタイプ)
体質 からだの中の流れがわるい体質
=停滞タイプ(どろどろタイプ)
体質 心身や臓腑のバランスが不安定な体質
=不均衡タイプ(アンバランスタイプ)


以下に「補捨流調」各体質の特徴などを簡単に説明します。


体質
体質「補」=からだにとって必要なものが不足しがちな体質

体質「補」の方は、からだにとって必要なものを補う生活をしましょう。
よく見られる症状 *疲れやすい
*食欲不振
*頭がぼうっとする
*唇が荒れる
*動悸
など
かかりやすい病気 *慢性胃炎
*消化不良
*胃・十二指腸潰瘍
*貧血
*心臓神経症
など



体質
体質「捨」=からだに余分なものをため込みやすい体質

体質「捨」の方は、からだにたまった余分なものをどんどん捨てる生活をしましょう。
よく見られる症状 *手足がだるい
*頭が重い
*関節痛
*むくみ
*体重増加
など
かかりやすい病気 *高脂血症
*高血圧
*肥満
*湿疹
*ぜんそく
*慢性関節リウマチ
など



体質
体質「流」=からだのなかの流れがわるい体質

体質「流」の方は、からだの中の流れがさらさらになるような生活をしましょう。
よく見られる症状 *皮膚がかさかさ
*冷えのぼせ
*腹部膨満感
*いらいら
*胸苦しい
など
かかりやすい病気 *狭心症
*脳血管障害
*うつ病
*慢性肝炎
*自律神経失調症
など



体質
体質「調」=心身や自律神経、ホルモンのバランスが不安定な体質

体質「調」の方は、からだの中の不均衡(アンバランス)を調えていく生活をしましょう。
よく見られる症状 *手足が冷える
*めまい
*眠りが浅い
*健忘
*頻尿
など
かかりやすい病気 *糖尿病
*不眠症
*前立腺肥大
*更年期障害
*甲状腺機能低下症
など


あなたはどの体質?−「補捨流調」体質チェックリストはこちら

漢方的スローライフ「補捨流調」関連商品(漢方薬以外のオリジナル茶など)はこちら

さらに詳しく知りたい方は、薬局にてカウンセリングをお受けいただければと存じます。また『漢方でアレルギー体質を改善する』(講談社)なども参考になさってください。
All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.