薬石花房 幸福薬局
トップページ > 中医学のすすめ − 中医学のはなし > これからの時代に求められる中医学の役割
カウンセリング室
電話
メール
ご予約フォーム
料金のご案内
Q&A
自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
中医学のすすめ
中医学のはなし
証をみるということ
現代日本における疲労倦怠感の証の特徴
花粉症に対する健脾利湿法の有効性


漢方薬は直接的に症状を緩和するよりは、むしろその根本原因を改善する薬です。ときとして長期間を要する場合もありますが、根本原因が改善されたあとは漢方薬を飲み続ける必要はありません。

 症状を抑えるのが主目的の西洋薬との大きな違いです。西洋薬による治療の場合、症状は強力に抑えられてもその原因が存在する限り、ずっと飲み続ける必要があります。高血圧に用いる降圧剤、気管支喘息に用いる気管支拡張剤、アトピー性皮膚炎に用いるステロイド外用剤など、服用や塗布を忘れると症状がすぐ再燃するのはそのためです。

しかし漢方薬の服用を続けても主訴の改善がなかなかみられない場合、途中で漢方薬をやめてしまう人もいます。前述のように効き始めの徴候が出ていることもありますので、漢方薬を飲んでいても症状にあまり改善がみられない場合は、中医師など漢方の専門家に相談してみるといいでしょう。

All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.