薬石花房 幸福薬局
トップページ > 中医学のすすめ − 中医学のはなし > 漢方薬と西洋薬の効き方の違い
カウンセリング室
電話
メール
ご予約フォーム
料金のご案内
Q&A
自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
中医学のすすめ
中医学のはなし
証をみるということ
現代日本における疲労倦怠感の証の特徴
花粉症に対する健脾利湿法の有効性


1:薬で何を改善するのか

中医学では、人間をひとつの統一体ととらえます。たとえば腰が痛い、尿の出が悪い、耳鳴りがする、下痢しやすい、などさまざまな症状がある場合でも、そのような症状が表れる原因を体内のバランスの乱れに求め、そのバランスを調えるための漢方薬を服用します。この例は「腎虚」と呼ばれる状態になっている人に表れる諸症状ですので、腎虚を改善する漢方薬を服用します。中医学の場合、薬で改善するのは、ひとつひとつの症状より、むしろその奥にある体全体の秩序の乱れです。

一方、西洋医学では、人体を科学的に部分的に分析し、人体を数々の臓器の集合体ととらえます。先の例ですと、腰の痛みは整形外科へ、排尿の不調は泌尿器科へ、耳鳴りは耳鼻科へ、下痢は内科へ行かなくてはなりません。そしてそれぞれの科で薬をもらうことになります。西洋医学の場合、薬で治すのは、ひとつひとつの症状です。

このように中医学では人間そのものが対象となります。漢方薬は「病気ではなく病人を癒す」といわれるのは、このためです。


2:いかにして処方を決めるのか

中医学では、前項で述べたように病気ではなく病人を改善するため、同じ病気や症状でも、人により服用する薬が異なります。同じ頭痛という症状でも、その頭痛を引き起こした原因により、飲む漢方薬が変わります。患者の体質や病気の状態のことを「証(しょう)」といいます。中医学で薬の内容を決めるのは、患者の証です。

一方、西洋医学では、症状を緩和するための薬を服用します。頭痛には痛み止め、咳には咳止め、などです。症状を短期間で緩和する働きは、漢方薬と比べて一般に強力です。しかし患者の体質や体全体のバランスのことなどはあまり考慮されませんので、降圧剤で血圧が下がりすぎたり、薬で胃を痛めるなどの副作用がしばしば起こります。また西洋薬を飲み忘れると、症状がすぐに再燃します。西洋医学で薬の内容を決めるのは、病気の症状や病名です。

西洋医学も中医学も、それぞれ特徴があり得意分野があります。漢方薬で病気の根本的な改善をし、時に症状が重くて他の臓器に悪影響がおよぶ場合や、つらくて社会生活に支障をきたす場合などに西洋薬で症状を抑える、といった両者の長所を認め合った薬の飲み方が理想的だと思われます。

All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.